寒冷蕁麻疹が生じるの原因と対処法

夏場は気温上昇で毎日暑い日々が続きますが、室内ではエアコンがフル稼働をしているため、気が付けば寒暖の差が激しいという事態が起こりやすいです。
冷たいプールに入ったり、冷房の効きすぎた部屋で過ごすなど、夏シーズンの寒暖の差は、肌に蕁麻疹を発症させることがあります。
寒暖の差が激しいことで起こるのが寒冷蕁麻疹であり、冷たい刺激により起こる症状です。
信号物質であるヒスタミンが血液細胞へと作用して、水分が血管か漏れ出しやすくなり、水分が皮ふにあふれてむくみを生じます。
知覚神経にも作用するのがヒスタミンであり、かゆみは強く出やすいです。
数分から数時間ほどで自然に消えますが、何度も繰り返すようなときには医療機関を受診します。
冷え性の人や寒がりの人、スリムな人などは寒冷蕁麻疹になりやすいです。
もしも寒冷蕁麻疹になった時には、しばらく様子を見て治まるのを待ちます。
治まらないときには病院を受診して診察を受け、医療機関での処置としては、点滴や飲み薬での治療です。

不要になった指輪を高価買取いたします

環境に優しい取り組みをしてます

間仕切りでオフィスを快適に

上質なお部屋作りはインテリアから

医療用ウィッグで脱毛の悩みを解消

今、医療用ウィッグが注目を集めています。
医療用ウィッグを使用することで、抗がん剤治療の副作用

健康的で若々しい高齢化を考える

高齢化社会が問題とされていますが、確かに町中にはデイサービスの会社や老人ホームなどが多く建設されてい

医療を受けるところについて考える

医療行為を受けることができるところですが、当然ですが病院になります。
しかし、病院といっても色

飛蚊症を軽く考えるのはやめましょう

飛蚊症の95パーセントは、とくに問題がないとされています。
しかし、可能性は低いですが、網膜裂

サイトコンテンツ

医療用ウィッグで脱毛の悩みを解消
健康的で若々しい高齢化を考える
医療を受けるところについて考える
飛蚊症を軽く考えるのはやめましょう